特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

春風にのって

89回センバツ 選手紹介/6(その1) 早稲田実 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
野田優人遊撃手 拡大
野田優人遊撃手

 <第89回選抜高校野球>

 ◆早稲田実

サヨナラVの立役者 野田優人遊撃手(1年)

 昨年秋の東京大会決勝で、劇的なサヨナラ勝ちを演出した立役者だ。2点を追う九回裏、先頭打者として左前打を放ち、反撃の口火を切った。和泉実監督は「あの場面でよく打ってくれた」とたたえる。東京大会は9番だったが、明治神宮大会では1番に抜てきされた。

 「毎打席安打」が目標。ポーカーフェースで、打席に立つ時も感情を表に出さない。「気持ちが上がった状態で打席に立っても結果は出ない」と、冷静沈着だ。

 幼い頃、共働きの両親が不在の時に面倒を見てくれた祖母とのキャッチボールがきっかけで、小学2年から野球を始めた。その時から遊撃手で「球がこっちに来そうだと考えるのが楽しい」という頭脳派だ。【安藤いく子】

 (1)右投げ右打ち(2)177センチ、68キロ(3)早稲田実中(4)調子を落とさない。体重を70キロにのせる


 プロフィルは(1)投打(2)身長、体重(3)出身中学・チーム(4)センバツへの意気込み

〔都内版〕

あわせて読みたい