東浦町

ひとり親家庭に受験料 新年度から給付、10万円を限度に /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 家庭の都合で子どもの進学を諦めるひとり親家庭などに、東浦町は2017年度から、高校・大学などの受験検定料や入学手付金を支給することにした。所得制限はあるが、県内では初の取り組みといい、同年度予算案に350万円を計上する。

 ひとり親は、父・母のほか祖父母など親族が養育する場合も認める。上限は10万円で、複数校の受験検定料や入学手付…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

注目の特集