メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外韓国の曺国法相が辞任表明
広島原爆アーカイブ

投下3日後の広島 原子野で何を見たのか 写真40枚検証、17カ所を歩く /広島

福屋百貨店(新館)前から東に向かって写す。左は福屋旧館、右側手前から福屋新館、中国新聞社、日本勧業銀行広島支店。電車通りをモンペ姿や国民服姿の人々が駅方面へ向かう様子が見える=爆心地から740メートルの広島市中区で、国平幸男撮影

 原爆投下から3日後の1945年8月9日、広島の街を撮影した毎日新聞大阪本社写真部の国平幸男記者(2009年に92歳で死去)は原子野に何を見たのか。本社に残る40枚の写真を原爆資料館の協力で検証し、撮影地点が判明した17カ所を歩いた。(文中の丸数字は地図に示した撮影地点)【平川哲也】

 国平記者は広島入りを命じられ、9日午前10時過ぎに広島駅に降り立った。その時から70年以上過ぎた今、国平記者が撮った駅舎<1>をしのぶ面影はない。高層ビルが天を突くJR広島駅南口。正面に延びる幅広の駅前大橋も戦後整備された。広島電鉄の軌道沿いに南西へ歩を進めた。

 広島は川の街だ。駅前を流れる猿猴(えんこう)川を渡り、京橋川の稲荷大橋に着く。この岸辺には「稲荷町…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1321文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. ラグビーW杯 くまモン、熊本最終ゲームで踊った

  4. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです