メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

政府の津波対策は?=回答・山崎征克

防潮堤が基本 「減災」の考えも

 なるほドリ 東日本大震災(だいしんさい)を機に、津波防災の方針が変わったんだね。

 記者 東日本大震災は、これまでの想定(そうてい)をはるかに超えた巨大津波が発生しました。このため国は自然現象(げんしょう)の予測(よそく)が難(むずか)しいという前提(ぜんてい)で、あらゆる可能性を考えた最大クラスの地震や津波を検討(けんとう)することにしたのです。具体的には、数十年から百数十年に1度起きる津波を「L1」、1000年に1度とされる最大クラスの「L2」と分け、対策(たいさく)を検討するようになりました。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  5. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです