メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

政府の津波対策は?=回答・山崎征克

防潮堤が基本 「減災」の考えも

 なるほドリ 東日本大震災(だいしんさい)を機に、津波防災の方針が変わったんだね。

 記者 東日本大震災は、これまでの想定(そうてい)をはるかに超えた巨大津波が発生しました。このため国は自然現象(げんしょう)の予測(よそく)が難(むずか)しいという前提(ぜんてい)で、あらゆる可能性を考えた最大クラスの地震や津波を検討(けんとう)することにしたのです。具体的には、数十年から百数十年に1度起きる津波を「L1」、1000年に1度とされる最大クラスの「L2」と分け、対策(たいさく)を検討するようになりました。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです