メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう向き合う

トランプ政権 日本維新の会政調会長・浅田均氏

=内藤絵美撮影

 --安倍晋三首相の訪米の評価は?

 ◆トランプ米大統領は首相との関係を「ケミストリー(相性)が合う」と共同記者会見で述べた。米国が中国に対してどう出るのかは分からないが、日本にとって出だしはよかった。

 --日本維新の会は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)推進の立場です。今後、安倍政権に何を求めますか。

 ◆TPPの枠組みができたのだから、できるだけそれに近い形で2国間交渉を開始する。なぜ包括的な枠組みを作る必要があったのかをトランプ氏や周辺に理解してもらう。日米の自由貿易協定(FTA)にとどまらず、範囲を広げるよう説得する。トランプ氏は商売人だから、経済合理性は理解しているはずだ。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1072文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです