メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

フランス国債取引の異変=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 国債残高は市場取引を通じ価格(金利)と取引数量の2指標をはじき出す。市場参加者の思惑や国の債務に関する評価をその都度国民は知る。

 9週間後に迫るフランス大統領選挙により、フランス国債の取引量は急増した。シナリオづくりを背景とした売り手と買い手の双方の思惑がぶつかり、商いが膨らむ。

 2月の1日当たりのフランス国債の取引量は、ユーロ圏の債務危機が生じた2010年から12年の頃の水準だ。大統領選での勝利者に擬せられた中道右派のフィヨン候補は秘書実態を欠く夫人の「にせ職務」疑惑により、極右派「国民戦線」のマリーヌ・ルペン氏に押し込まれた。ここでユーロ圏、そして欧州…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです