メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災6年

復興予算、どう使われた?

 32兆円の復興予算が投入される東日本大震災の復興期間(2011~20年度)は、残り4年となる。前半の5年間で使われたのは29兆円(東京電力からの支払いを見込む除染費用など復興予算外の4.4兆円を含む)。過去最高の国の17年度予算案の3分の1に迫る額だ。【関谷俊介】

5年で29兆円、大半ハード事業に

 「集中復興期間」と位置付けられた前半5年間の復興予算は、民主党政権時代は19兆円だったが、安倍政権下で「復興の加速化」を理由に25兆円へと引き上げられ、最終的に26・3兆円になった。

 財源で最多は、個人に課される所得税と住民税、法人に課される法人税の復興増税分だ。増税は所得税が25年間、住民税が10年間続き、負担額はモデル家庭(夫婦と子2人、年収700万円)で年間4000円。一方、法人増税は「企業収益を賃金の上昇につなげていくきっかけとする」(13年12月閣議決定)として、3年から2年に短縮された。

この記事は有料記事です。

残り1335文字(全文1737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです