メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リスタート・25年目のJ

/6 鳥栖 命運握る欧州から復帰組

2季ぶりにJリーグに復帰し、期待のかかる権田

 過去2年、2桁順位で終えた鳥栖が初タイトルへ「本気度」を示す補強をした。その中心と期待されるのが欧州から復帰したFW小野裕二(24)とGK権田修一(27)だ。

 かつて横浜マの背番号「10」を背負った小野。横浜マユース時代の2010年7月にJ1デビューすると、10月にはクラブ史上最年少ゴールを記録した。13年に「夢」であった海外移籍を実現し、ベルギーのスタンダールに移籍したが、相次ぐ大けがで思うような結果は残せなかった。「しっかり体をもう一回作り直す」と帰国を決断した。

 12年のロンドン五輪で日本を4強に導いた権田も定位置を確保できなかった。FC東京から16年にオース…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文698文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです