上野動物園

パンダ発情の兆候 繁殖準備で展示中止

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 上野動物園(東京都台東区)は21日、ジャイアントパンダの雄の「リーリー」と雌の「シンシン」(ともに11歳)に発情の兆候が確認されたため、22日から展示を中止すると発表した。

 パンダは個別に行動する習性があり、繁殖期以外は雄と雌も同居させるとけんかする恐れがある。このため同園では普段、2頭を別々の部…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

あわせて読みたい

ニュース特集