メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国有地売却

大阪府知事「疑念、国が明らかにすべきだ」

小学校の建設予定地を視察に訪れた辻元清美衆院議員ら=大阪府豊中市で2017年2月21日、大西岳彦撮影

 大阪府豊中市にある国有地が、土地の評価額から約8億円のごみの撤去費などを差し引いた価格で学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)に売却されたことに関し、松井一郎大阪府知事は21日、「撤去費用を誰がどう見積もったのか、国が明らかにする必要がある。土地は国民の財産なので、納税者に疑念を抱かれないようにすべきだ」と述べた。府庁で記者団に語った。

 国有地(約8770平方メートル)は9億5600万円の評価額だったが、国は地下に埋まったごみの撤去・処分費を約8億円と算出。差額の1億3400万円で売却された。現在、小学校が建設されている。松井氏は「転売禁止条項がついており、法人が転売でもうけることはできない」とも指摘した。

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  3. ORICON NEWS 欅坂46、5年の活動に幕 “再改名” で再出発「相当な茨の道が待っていると思います」

  4. 藤井聡太七段が棋聖奪取 最年少タイトル獲得記録更新、17歳11カ月

  5. 元横綱・朝青龍「結婚することになりました」ツイッターで再婚報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです