マルカン百貨店

大食堂が復活、名物「ナポリカツ」ぺろり

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
お馴染みの「ナポリカツ」を味わう高橋さん夫妻=花巻市上町のマルカンビル大食堂で2017年2月20日、鹿糠亜裕美撮影
お馴染みの「ナポリカツ」を味わう高橋さん夫妻=花巻市上町のマルカンビル大食堂で2017年2月20日、鹿糠亜裕美撮影

岩手・花巻で「マルカンビル大食堂」オープン

 岩手県花巻市の老舗デパート「マルカン百貨店」の大食堂を引き継いだ「マルカンビル大食堂」が20日、オープンした。昨年6月の閉店から8カ月ぶりの再開に、大勢のファンが懐かしい味を楽しんだ。

 午前11時半、入り口のシャッターが開くと、詰めかけた人たちが一斉に6階の大食堂を目指した。エレベーター前にできた長い行列は店舗外まで続き、非常階段にも案内を待つ長い列ができていた。

 窓際の席で料理を待っていた同市の高橋国三郎さん(77)と妻英子さん(74)は「やっぱり、同じ味だ」と名物の「ナポリカツ」をうれしそうにほおばっていた。2人は東日本大震災後、同県釜石市から移住し、大食堂を毎日のように利用していたという。営業再開を心から喜び「若い人がこうして復活させてくれて本当にありがたい。毎日来て応援したい」とエールを送った。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文548文字)

あわせて読みたい

注目の特集