メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多摩動物公園

チーター世代交代 3頭誕生、キキョウ死ぬ

2009年に3頭の子どもを産んだころのキキョウ(右)=多摩動物公園で2009年11月、斉藤三奈子撮影

 多摩動物公園(東京都日野市)は20日、チーターの3頭の子どもが誕生する一方で、生涯で4回の繁殖に貢献したキキョウ(13歳)が死んだことを発表した。飼育下の繁殖が難しいチーターだが、おめでたの一方で、息を引き取った“ゴッドマザー”。関係者からは「おつかれさまでした」とねぎらいの声も漏れた。

 同園によると、今月5日、富士サファリパーク(静岡県裾野市)の雄「ムツ」(6歳)と群馬サファリパーク(群馬県富岡市)の雌「シュパーブ」(4歳)の間に雄2頭、雌1頭が生まれた。日本動物園水族館協会(JAZA)加盟施設が繁殖を目的とした野生動物の貸借契約、ブリーディングローン(BL)…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです