メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子大生殺人未遂

検察側「死ねと言いながら刺した」

 東京都小金井市のライブハウス前で昨年5月、大学生の冨田真由さん(21)が、刃物で刺されて一時意識不明の重体になった事件で、殺人未遂罪などに問われた群馬県伊勢崎市、無職、岩埼(いわざき)友宏被告(28)に対する裁判員裁判の初公判は20日午後も、東京地裁立川支部で続いた。検察側は被告が「『死ねっ。死ねっ。死ねっ』と言いながら、刺した」と述べ、強固な殺意があったと指摘、弁護側は「突発的な事件」などと反論した。

 検察側は冒頭陳述で、被告はライブなどを聞くうちに冨田さんに好意を抱き、結婚まで考えるようになったとし、本や腕時計などのプレゼントを送り返されたことから、怒りや屈辱を抱くようになったと経緯を説明。事件1週間前に通信販売でナイフを購入したことや、事件当日、自宅を出るころに「間違ったことしかできない。分かっているのにやってしまう」と母親にメールし、その後、会場周辺で待ち伏せしたことを明かした。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです