文科省人事課

元外交官を東京外大にあっせんか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 文部科学省人事課が昨年、元外交官の男性(64)の東京外国語大学(東京都府中市)への再就職をあっせんした疑いがあることが、関係者への取材で分かった。天下りを規制する国家公務員法は現役職員による職員、OBの再就職あっせんを禁じている。文科省人事課が他省庁職員の再就職あっせんにも関与した疑いが浮上した。【伊澤拓也、佐々木洋】

 東京外大によると、元外交官の男性は中南米の大使などを歴任して昨年3月29日付で外務省を退職。3日後の4月1日付で特任教授に就任。留学生らを相手に国際交流に関する不定期の授業を受け持っている。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文641文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集