将棋

第75期名人戦順位戦 宮本広志五段-横山泰明六段 第3譜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

宮本が優勢に

 宮本の角のさばきが好調で、ついに形勢をリードした。

 「3四の歩を取れて、よくなったと思いました」と宮本は語っていた。横山にいつもの鋭さがない。

 横山が4筋の歩を伸ばしている間に、宮本は7筋の金までさばいてしまった。

 「苦しい将棋にしてしまった。手が伸びなかった」と横山は語っている。

 [後]6四同金(本日終了図)の局面では、宮本が…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集