メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

杉原千畝

世界の記憶申請、手記2点取り下げ 遺族意向 岐阜・八百津

 岐阜県八百津町が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に申請している外交官・杉原千畝(1900~86年)の関連資料66点のうち、千畝が同町で生まれたと書かれている手記など2点を取り下げ、申請書も関連部分を修正したことが22日、町への取材で分かった。千畝は、第二次世界大戦中に多くのユダヤ系難民を救ったことで知られるが、その出生地について議論がある。

 千畝の手記の真偽を巡り、遺族間で見解が分かれている。千畝の四男が「戸籍の記録で父の出生地は(岐阜県…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです