メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鶴岡市

文化会館事業費96億円 当初計画の2倍超え 市長、理解求める /山形

工事が進む鶴岡市文化会館=鶴岡市馬場町で

 来年3月の開館を目指す鶴岡市文化会館(同市馬場町)の改築工事を巡り、同市は21日、43億5519万円を2017年度一般会計当初予算案に盛り込んだと発表した。総事業費は96億7600万円に上り、当初12年の基本計画で45億円とした事業費見込みの2倍を超えた。記者会見した榎本政規市長は「何十年、百年に一度の改築。優れた建築物として出来上がりつつあり、やむを得ない」と、理解を求めた。3月1日に開会する市議会3月定例会に提出する。【長南里香】

 老朽化で11年に決定された新文化会館の改築については、芸術性の高いデザインに地元の建設業者が二の足を踏むなど、3度にわたって入札が成立しなかった経緯がある。市はそのたびに増額を重ね、総事業費は2倍近い86億円に膨らんだ。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです