特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

越えていく

至学館・初センバツ 部員紹介/4 内野手/1 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
前列左から木戸、木村、益留、後列左から吉川、鎌倉、加藤、花岡の各選手 拡大
前列左から木戸、木村、益留、後列左から吉川、鎌倉、加藤、花岡の各選手

 <第89回選抜高校野球>

 木村公紀(2年) 小学2年のとき、井端弘和(現巨人コーチ)の守備に憧れて「何回もナゴヤドームに見に行った」。周囲への感謝を胸にプレーする主将。

 吉川隼矢(同) 幼稚園のとき、草野球でヒットを打つ父を見て「かっこいい」と魅了された。自宅の風呂では、入浴剤で一日の疲れを取る。

 鎌倉裕人(同) バットを磨くのが日課。保育園のときに父とキャッチボールをして、小学1年からクラブチームに入った。将来は「良い父親になりたい」。

 加藤翔磨(同) 幼稚園ではサッカー。小学1年で「バッティングセンターに行ったら楽しくて」野球に乗り換えた。ロックバンド「ONE OK ROCK」のファン。

 花岡健太(同) 江南市出身。野球好きの父の影響で、小学1年からクラブチームで野球を始めた。お笑いを見るのが好きで、元気の源は「砂肝を食べること」。

 木戸拓磨(同) 野球を始めたのは、小学1年のときに父と遊んだのがきっかけ。気分転換に本をよく読み、勉強家の一面も。将来の夢は看護師。

 益留佑之介(同) 男女7人兄弟の三男。5歳上の兄の影響で小学4年から野球を始めた。高校1年と中学2年の2人の弟がおり「家に帰ると、僕の分のお菓子がない」。(敬称略)=つづく

あわせて読みたい