メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なら歳時記

鹿の舟(奈良市) 楽しい旅の拠点に /奈良

観光案内所「繭」の一画にある円筒形の図書室。曲線が面白い書棚には奈良にまつわる本が並ぶ=奈良市で、日向梓撮影

 奈良市の京終エリアに位置する観光案内所や喫茶室などの複合施設「鹿の舟」。2015年にオープンして以来、約10万人が訪れており、ならまちの南の玄関口として人気を集めている。

 JR京終駅から10分ほど、緩やかな坂道を北上すると現れる「鹿の舟」。観光案内所「繭(まゆ)」、食堂兼食料雑貨店「竈(かまど)」、喫茶室「囀(さえずり)」の3施設だ。訪れたのは平日だったが、大きなバックパックを背負った外国人観光客らでにぎわっていた。

 蚊帳を扱っていた大正時代の商家の建物を利用した繭には、さまざまな観光案内のパンフレットが置かれてい…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1188文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです