メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米子市

当初予算案 投資的経費抑え592億円 3.3%減 /鳥取

 米子市は21日、総額592億1500万円の新年度一般会計当初予算案を発表した。4月に市長選を控えているため投資的経費を抑え、規模は前年度比3・3%減になった。28日に開会する2月定例市議会に提案する。

 歳入では、自主財源の中核となる市税がほぼ横ばいの183億9000万円(同0・4%増)。自治体間の競争激化でふるさと納税が減少し、寄付金は5億円(同24%減)と見込んだ。地方交付税は89億5000万円(同0・3%減)で、自主財源の比率は1・4ポイント増の50・9%となった。

 歳出は民生費を前年度並みの246億3900万円と予想。衛生費は、クリーンセンター焼却灰のセメント原…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです