ロシア大統領選

来年3月11日 プーチン氏の出馬確実

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(64)の任期満了に伴う大統領選挙が来年3月11日に実施される見通しとなった。

 ロシアのメディアが21日、一斉に「大統領府筋」が語ったと報じた。大統領自身は出馬表明を避けているが、「プーチン氏の再出馬は自明の理」(モスコフスキー・コムソモーレツ紙)と見られている。プーチン氏が当選すれば、2024年5月までさらに任期6年を務め71歳まで大統領として君臨できる。

 タス通信によると、18年の大統領選について、大統領府筋は「過去の選挙と比べ、より透明で清潔かつ正統性のある選挙」や「過去最高の得票率と投票率」をめざす考えを示した。公正な選挙で高い国民の支持を得ることで、実質「4期目」となるプーチン氏の長期統治の正統性を内外に示す狙いとみられる。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文644文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集