アマミノクロウサギ

交通事故で保護の赤ちゃん死ぬ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
死んだアマミノクロウサギのボマちゃん=平川動物公園提供
死んだアマミノクロウサギのボマちゃん=平川動物公園提供

 鹿児島市の平川動物公園は21日、徳之島で交通事故に遭い、園内で治療を受けていた国の特別天然記念物のアマミノクロウサギ「ボマちゃん」(雌)が死んだと発表した。

 ボマちゃんは2015年12月、鹿児島県徳之島町母間(ぼま)の農道で保護された。生後数カ月の赤ちゃんとみられたが、事故で頭を強く打ち、あごの骨が折れ…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集