メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

鈴木清順さん93歳=映画監督「けんかえれじい」

鈴木清順さん 93歳=映画監督(2月13日死去)

 「けんかえれじい」「ツィゴイネルワイゼン」など、独特の映像美で知られた映画監督、鈴木清順(すずき・せいじゅん=本名・清太郎<せいたろう>)さんが13日、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため東京都内の病院で死去。93歳。葬儀は近親者のみで営んだ。

 東京生まれ。弘前高校に在学中の1943年に学徒出陣し、フィリピンなどを転戦。復員後、48年松竹大船撮影所に助監督として採用された。54年日活に移籍し、56年「港の乾杯 勝利をわが手に」で監督デビュー。58年の「暗黒街の美女」から清順と改名した。和田浩治や宍戸錠らのアクションを、奇抜な色彩感覚とリズムで演出し独特の映像センスを発揮した。「けんかえれじい」「東京流れ者」などで評価されたが、67年「殺しの烙印(らくいん)」を見た堀久作日活社長に「訳が分からん」と解雇される。

 映画監督やジャーナリストが解雇に抗議して運動を展開したが、77年松竹での「悲愁物語」まで10年間の…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文937文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです