メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

鈴木清順さん93歳=映画監督「けんかえれじい」

鈴木清順さん 93歳=映画監督(2月13日死去)

 「けんかえれじい」「ツィゴイネルワイゼン」など、独特の映像美で知られた映画監督、鈴木清順(すずき・せいじゅん=本名・清太郎<せいたろう>)さんが13日、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため東京都内の病院で死去。93歳。葬儀は近親者のみで営んだ。

 東京生まれ。弘前高校に在学中の1943年に学徒出陣し、フィリピンなどを転戦。復員後、48年松竹大船撮影所に助監督として採用された。54年日活に移籍し、56年「港の乾杯 勝利をわが手に」で監督デビュー。58年の「暗黒街の美女」から清順と改名した。和田浩治や宍戸錠らのアクションを、奇抜な色彩感覚とリズムで演出し独特の映像センスを発揮した。「けんかえれじい」「東京流れ者」などで評価されたが、67年「殺しの烙印(らくいん)」を見た堀久作日活社長に「訳が分からん」と解雇される。

 映画監督やジャーナリストが解雇に抗議して運動を展開したが、77年松竹での「悲愁物語」まで10年間の空白を余儀なくされた。80年独立プロの製作で「ツィゴイネルワイゼン」を撮って復活。夢と現実が交錯する幻想的な映像が高く評価され、キネマ旬報ベストテン1位、ベルリン国際映画祭審査員特別賞などを受賞。翌年「陽炎座」も話題となった。だが85年「カポネ大いに泣く」が興行的に失敗し、6年のブランクの後91年「…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです