メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正男氏殺害

逮捕の女、ジャカルタで予行か 1月訪問

金正男氏殺害前後の状況

 【クアラルンプール平野光芳】マレーシア・クアラルンプール国際空港で13日に起きた金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件で、実行犯として逮捕されたインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)が事件前の1月下旬、「いたずら番組の撮影がある」と家族に話し、インドネシアの首都ジャカルタを訪れていたことが分かった。シティ容疑者はテレビ番組の収録と信じて金正男氏を襲った疑いがあり、犯行グループがジャカルタで予行演習をしていた可能性が浮上した。

 殺害時の監視カメラの映像から、実行犯の女2人は数秒の間に金正男氏を襲って毒物を与えており、訓練され…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです