メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岸政彦さん

芥川賞候補作単行本化 人間模様、社会学者の目で

 先月行われた第156回芥川賞の選考会で、受賞は逃したものの選考委員の一部から好評を博したのが、大阪市内に住む社会学者、岸政彦さん(49)の「ビニール傘」だった。

 元来は戦後の沖縄研究を専門にする社会学者。初めて書いた小説が候補に。「小説を書き終えた充足感と候補に挙げられた驚きと喜びを味わった」と語る。

 作品の舞台は、バブルがはじけた1990年代半ば以降の大阪。街の顔色が日ごとにさえなくなる中、孤独をたたえた男女の交情やすれ違いが断片的なエピソードの積み重ねによって描かれる。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです