メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岸政彦さん

芥川賞候補作単行本化 人間模様、社会学者の目で

 先月行われた第156回芥川賞の選考会で、受賞は逃したものの選考委員の一部から好評を博したのが、大阪市内に住む社会学者、岸政彦さん(49)の「ビニール傘」だった。

 元来は戦後の沖縄研究を専門にする社会学者。初めて書いた小説が候補に。「小説を書き終えた充足感と候補に挙げられた驚きと喜びを味わった」と語る。

 作品の舞台は、バブルがはじけた1990年代半ば以降の大阪。街の顔色が日ごとにさえなくなる中、孤独を…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです