メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損害賠償

「手術で脳脊髄液減少症に」 滑川の男性、病院を提訴へ /富山

服用している薬を手に持ち、症状を訴える水井健蔵さん=富山市内で、古川宗撮影

 脳脊髄(せきずい)液減少症になったのは医師が対応を怠ったためとして、滑川市の自営業、水井健蔵さん(69)は来月にも、滑川病院(滑川市)を運営する県厚生農業協同組合連合会(高岡市)を相手に、慰謝料など約7000万円の損害賠償を求めて富山地裁に提訴する。男性は「医師の対応が適切だったのか司法の判断を仰ぎたい」と話している。【古川宗】

 訴状によると、水井さんは2005年11月30日、滑川病院に左そけいヘルニアの手術のため入院した。翌…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文828文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです