特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会をライブ配信します。

特集一覧

春を駆ける

センバツへ報徳学園 選手紹介/9 金子将大選手(2年) /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
報徳学園の金子将大外野手=兵庫県西宮市で、石川勝義撮影 拡大
報徳学園の金子将大外野手=兵庫県西宮市で、石川勝義撮影

 <第89回選抜高校野球>

悔しさバネに長打鍛え

 長打を得意とし、打撃の個人練習は常にボールを遠くに飛ばすことをイメージしながら取り組んでいる。「小さなスイングにならないように注意し、大きな打撃フォームを心掛けている」と話す。

 父と兄の影響で4歳から野球を始め、別の高校を卒業した兄とは、幼い頃から、キャッチボールやランニングを一緒にする仲だ。

 昨年の秋の県大会では、2回戦まで出場したが、練習中に腰を痛めてしまい、約3週間試合に出ることができなかった。その悔しさをばねに、センバツに向けた練習に励んでおり「秋に出られなかった分、甲子園で活躍したい」と、闘志を燃やす。


プロフィル

 ◆外野手▽身長181センチ、体重75キロ▽右投げ右打ち▽甲武中

〔阪神版〕

あわせて読みたい