メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
シリア和平

不透明 10カ月ぶり、きょう協議再開

 【カイロ秋山信一】シリア内戦の政治的解決を目指し、国連が仲介するアサド政権と反体制派との和平協議が23日、ジュネーブで約10カ月ぶりに再開される。政権側は軍事的優位を背景に強気で交渉に臨む構えだが、反体制派もアサド大統領退陣に固執し、妥協する気配はない。ロシアとトルコが仲介して昨年12月に発効した一時停戦が空洞化するなど相互不信は根深く、協議をどこまで継続できるかも不透明だ。

 今回の和平協議は、現政権に代わる移行統治機構の設立などを決めた2015年12月の国連安全保障理事会…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文493文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 「異議あり」が届く国会に

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 東証大幅反落、終値は449円安 米中貿易摩擦の激化を警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです