メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

海に沈んだ謎の大陸 「ジーランディア」掘削し本格調査へ

 地球には六つの大陸があるが、かつてはもう一つの「ジーランディア」が存在し、現在は大半が豪州の東の海域に沈んでいる。この地層を掘削し、誕生や水没の謎を解き明かそうとする国際プロジェクトが本格的に動き出した。【飯田和樹】

 ●NZは一部

 ジーランディアの面積は約500万平方キロで、豪州大陸の6割程度ある。元は豪州と南極、インドと同じ東ゴンドワナ大陸の一部だったが、8000万年前ごろに豪州から分裂し、2500万~2000万年前にほぼ全域が水没したと考えられる。現在は隆起しており、約6%が海面上にある。標高3724メートルの最高峰・マウントクックがそびえるニュージーランドやニューカレドニアはその一部だ。

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)掘削情報科学研究開発グループの斎藤実篤グループリーダーによると、…

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1444文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 陸上イージス 防衛省、標高も誤り グーグル使いズレ
  5. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです