メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

海に沈んだ謎の大陸 「ジーランディア」掘削し本格調査へ

 地球には六つの大陸があるが、かつてはもう一つの「ジーランディア」が存在し、現在は大半が豪州の東の海域に沈んでいる。この地層を掘削し、誕生や水没の謎を解き明かそうとする国際プロジェクトが本格的に動き出した。【飯田和樹】

 ●NZは一部

 ジーランディアの面積は約500万平方キロで、豪州大陸の6割程度ある。元は豪州と南極、インドと同じ東ゴンドワナ大陸の一部だったが、8000万年前ごろに豪州から分裂し、2500万~2000万年前にほぼ全域が水没したと考えられる。現在は隆起しており、約6%が海面上にある。標高3724メートルの最高峰・マウントクックがそびえるニュージーランドやニューカレドニアはその一部だ。

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)掘削情報科学研究開発グループの斎藤実篤グループリーダーによると、…

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1444文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです