メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NASAなど7個発見 水存在の可能性も

地球から39光年離れた恒星の周りで発見された惑星の想像図。地表には液体の水があり、大気も存在している可能性がある(NASA提供)

 米航空宇宙局(NASA)やベルギーのリエージュ大学などの国際研究チームは22日、地球から39光年離れた恒星「トラピスト1」の周りに、地球とよく似た太陽系外惑星七つを発見したと発表した。いずれも地球とほぼ同じ大きさで、岩石でできているとみられ、液体状態の水が存在する可能性がある。NASAによると、一つの恒星に七つも惑星が見つかるのは珍しい。

 七つの惑星はNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡などで観測され、うち三つの惑星は生命が存在する可能性があるゾーンを回っているという。2016年秋、スピッツァー宇宙望遠鏡でトラピスト1を500時間近く続けて観測した。

 発表は米ワシントンのNASA本部で行われ、論文は英科学誌ネイチャーに現地時間の22日に掲載された。【中村美奈子/デジタル報道センター】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
  2. 黒田清子さん 伊勢神宮を参拝 祭主就任報告
  3. 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表
  4. 衆院選 中曽根元首相の孫が出馬表明へ
  5. 世界の雑記帳 シンガポール空港の手荷物係、行き先タグの付け替え行為が発覚

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]