メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

続報真相 沖縄平和運動センター・山城博治議長逮捕から4カ月 異例長期勾留「運動潰しだ」 内外から批判相次ぐ

沖縄県東村高江で、米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯建設に抗議する山城博治・沖縄平和運動センター議長(右端)=2016年8月5日、島崎ろでぃーさん撮影

 沖縄県の米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設と名護市辺野古の新基地建設に反対する活動の中で、地元平和団体、沖縄平和運動センターの山城博治(ひろじ)議長(64)が4カ月以上も勾留されている状況に、法律の専門家や国際人権団体からも批判の声が広がっている。問題はどこにあるのか。【井田純】

 「リーダーを運動の場から外すために逮捕して、運動を潰そうという意図は明らかだ」。1月12日、参院議…

この記事は有料記事です。

残り3737文字(全文3938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです