メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拘束型心筋症

移植手術費に協力を 新座の菊地秋也さん(11)両親ら募金活動 目標額1億2700万円 /埼玉

 難病の「拘束型心筋症」を発症し、米国で心臓の移植手術を受ける必要がある新座市在住の菊地秋也(しゅうや)さん(11)の両親が23日、同市の並木傑(まさる)市長と面会し、手術費と渡航費用(計1億2700万円)を集める募金活動への協力を要請した。【奥山はるな、橋本政明】

 この日は秋也さんの父陽介さん(43)と両親の友人らが結成した「秋也くんを救う会」のメンバーが市役所を訪れ、「個人の力は大きいものではないので、ご協力いただきたい」と要請。並木市長は「一日でも早く米国に行って手術できるよう、ありとあらゆるところで(募金を)呼びかけたい」と応じた。

 同会は募金活動をスタートさせた13日に県庁で記者会見。入院先の日本大学板橋病院の医師2人も同席し、秋也さんの病状などを説明した。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです