メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不適切養子縁組訴訟

あっせん事業者、弁論に出廷せず /千葉

 不適切な特別養子縁組のあっせんによって養子を引き受けられなかったとして、東京都内の夫婦が四街道市にあった民間あっせん事業者「赤ちゃんの未来を救う会」(昨年9月解散)と元役員の男性2人に慰謝料など約610万円を求めた訴訟の第2回口頭弁論が23日、千葉地裁であった。元役員2人は前回期日に続いて出廷せず…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです