メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう向き合う

トランプ政権 衆議院議員・亀井静香氏

亀井静香氏=根岸基弘撮影

「すご腕」と思わせろ

 --米大統領選の直前に訪米しました。

 ◆昨年5月にトランプ氏に意見交換を文書で申し入れ、11月になって「会談する」と返事が来たからすぐに飛んで行った。バノン氏(現・首席戦略官)ら選対幹部が会談前の論点整理でトランプ氏と話し、「もう日本に『安保ただ乗り』とか『原爆を持て』と言わない」と伝えてきた。会談はトランプ氏が勝利し、キャンセルになった。

 --トランプ大統領誕生をどう見ますか。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文868文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  2. ユーチューバー 玉石混交、過激動画も相次ぐ
  3. アメフット 日大の早期復帰求める 宮川選手が要望書提出
  4. 加賀市議会 名誉毀損、乾市議が辞職 「当然」市民怒りの声 /石川
  5. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです