メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ

根強い人気の二眼レフ インスタのような雰囲気

カメラ店の店頭に並ぶローライの二眼レフ。人気の2.8レンズ搭載モデルはすぐに売れてしまうという=東京都中央区銀座で2017年2月、米田堅持撮影

 写真はすっかりデジタルカメラやスマートフォンで撮影するのが一般的になったが、フィルムを使って撮る銀塩写真も愛好家を中心に人気があり、中でも二つのレンズを持つ二眼レフカメラは今も評価されている。そのほとんどはレンズ交換ができず、不便さから時代から消えたはずの二眼レフの根強い人気の背景を探った。【米田堅持】

 二眼レフは、上側のビューレンズで被写体を捉えてピントや構図を調整し、もうひとつのレンズで撮影するカメラだ。ファインダーで見た通りの構図で写真が撮影できることから人気を博し、最高峰と呼ばれたローライのほか、日本でもリコーやヤシカのように二眼レフを主力商品として成長した会社もあった。構造上の制約からレンズ交換できる機種は少なく、広角専用や望遠専用の二眼レフが作られたこともあった。その後、レンズ交換可能なスウェーデンのハッセルブラッド社の一眼レフがプロや写真愛好家から絶大な支持を受けるようになると、二眼レフは表舞台から姿を消していった。

 では、今あえて二眼レフを選ぶ理由はどのへんにあるのだろうか。ドイツ製二眼レフのローライフレックス3.5Fを持つ東京都内に住む会社員、白井啓恵さんは、「デザインや金属の感触が好き。1台持っているけれど、それより明るいレンズが装着されたローライフレックス2.8C型を探している」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1259文字(全文1823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです