福岡の病院

麻酔で眠る患者前で記念撮影 院長が謝罪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

村上外科病院 看護師がインスタグラムで公開し批判に

 麻酔で眠る手術室の患者の前で記念撮影していたとして、福岡県田川市魚町の村上外科病院の村上直秀院長(85)が23日記者会見を開き「患者と家族に配慮を欠き、不快な思いをさせたことを深くおわびする」と謝罪した。写真は看護師が会員制交流サイト(SNS)のインスタグラムで公開し批判が上がっていた。

 村上院長らによると、撮影したのは1月31日午後1時ごろで、左前腕を骨折した患者の整形外科手術後だった。患者は全身麻酔からさめておらず手術台に横たわっていた。高齢の村上院長が最後の手術になると考え、看護師に指示し2枚撮影。1枚は院長ら医師3人と看護師2人とともに包帯を巻かれた患者の左手が写り、もう1枚には院長のほかピースサインをする看護師が写っていた。

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文452文字)

あわせて読みたい

ニュース特集