就活

3月スタート 18年の採用市場はどうなるか、専門家3人に聞いた

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
リクルートキャリア就職みらい研究所の岡崎仁美所長=渡辺精一撮影
リクルートキャリア就職みらい研究所の岡崎仁美所長=渡辺精一撮影

 2018年新卒採用市場はどう動くのか。採用支援会社の専門家3人に見方を聞いた。【まとめ・渡辺精一】

リクルートキャリア就職みらい研究所の岡崎仁美所長

 採用スケジュールは昨年並みだろう。17年卒は5月前半~6月に内定率が伸びた。6月が面接解禁だからではなく、3月から説明会や座談会、エントリーシート、適性検査、面接などの手順を追えば5月まではかかるためだ。このプロセスを圧縮するのは無理だろう。

 インターンシップは、企業と学生が事前接触できる場として活用されている。だが、それで採用がまかなえるような企業は極めて少ない。急増しているワンデー型はいわば「就業体験付き会社説明会」だ。就業体験の要素が全くなければ学生の期待とずれてしまうが、かといって学生が皆、がっちりした就業体験を求めているわけでもない。企業と学生の期待がある程度釣り合ったものだろう。

この記事は有料記事です。

残り2465文字(全文2839文字)

あわせて読みたい

注目の特集