金正男氏殺害

オウム・中川死刑囚、「VXで殺害」指摘 当局発表前、学者に手紙

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アンソニー・トゥー氏(アメリカ コロラド州立大学名誉教授)=東京都中央区で2013年10月8日午後3時10分、岸達也撮影
アンソニー・トゥー氏(アメリカ コロラド州立大学名誉教授)=東京都中央区で2013年10月8日午後3時10分、岸達也撮影

 【クアラルンプール岸達也】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏(45)の殺害事件で、1990年代に猛毒のVXで殺人事件などを起こしたオウム真理教の元幹部、中川智正死刑囚(54)が、マレーシア警察によるVX検出の発表(24日)前に、正男氏がVXで襲撃された可能性に言及する手紙を獄中から米国の毒物学者に出していた。学者は「彼の経験が事件解明に役立つのではないか」としている。

 中川死刑囚は地下鉄サリン事件や教団による3件のVX襲撃事件に関わったとして死刑が確定し、東京拘置所に収監されている。

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文996文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集