メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

養鶏農家の苦労

 鶏舎への道の手前に消毒設備があった。トラックが通る際、縦横数メートルの鉄パイプから霧状の消毒液が散布される。「濃度が高いので少しむせるでしょう」と50代の男性経営者が教えてくれた。

 男性は、高病原性鳥インフルエンザが発生した宮崎県木城(きじょう)町で約7万羽を飼育する中規模業者だ。鶏舎は発生現場から半径3キロ圏内にあり、今月17日午前0時に鶏や卵の移動制限が解除された。

 妻、息子夫婦とコメやサツマイモも育て、養鶏は30年になるベテランだ。10年前の感染の時は「宮崎の鶏…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです