メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲敷・美浦組合議会

新ごみ施設建設「百条委」を設置 /茨城

 稲敷市と美浦村でつくる「江戸崎地方衛生土木組合」の組合議会は24日、新焼却炉建設計画等調査特別委員会に対し地方自治法100条に基づく調査権委任を決議し、強制力のある調査を行う「百条委員会」に切り替わった。特別委では、現在地を拡張する予定地が稲敷市議と父親の共有地で、売買を前提にした覚書の存在などが問題視されていた。

 定例会で特別委の松戸千秋委員長は「拡張の必要性がそれほど議論されず、真実が不明確のまま進められた。覚書の作成意図やプロセスも真相が究明されていない」と提案理由を説明。4対3の賛成多数で可決された。

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです