メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン

見える子、見えない子 球技一緒に /東京

 五輪・パラリンピック教育重点校に指定されている、いずれも東京都八王子市にある都立八王子盲学校と市立弐分方(にぶかた)小学校が13日、目の見える子どもと見えない子どもが共に参加する、ゴールボールの合同授業を開いた。

 ゴールボールはパラリンピックの正式種目で、1チーム3人が向かい合って相手のゴールに鈴の入ったボールを投げ込む球技。選手は条件を同じにするため全員が目隠しをし、音を頼りにボールを追う。試合中は場内の静粛が求められる。

 合同授業はTBS(東京放送)が、CSR(企業の社会的責任)活動として都の五輪・パラリンピック教育に…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  3. 「100円で150円カフェラテ」62歳男性を不起訴処分 福岡
  4. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分
  5. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです