メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン

見える子、見えない子 球技一緒に /東京

 五輪・パラリンピック教育重点校に指定されている、いずれも東京都八王子市にある都立八王子盲学校と市立弐分方(にぶかた)小学校が13日、目の見える子どもと見えない子どもが共に参加する、ゴールボールの合同授業を開いた。

 ゴールボールはパラリンピックの正式種目で、1チーム3人が向かい合って相手のゴールに鈴の入ったボールを投げ込む球技。選手は条件を同じにするため全員が目隠しをし、音を頼りにボールを追う。試合中は場内の静粛が求められる。

 合同授業はTBS(東京放送)が、CSR(企業の社会的責任)活動として都の五輪・パラリンピック教育に…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです