メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちの授業

医師・小澤さん、苦難乗り越える力つけて 横浜・桂小 /神奈川

「いのちの授業」で6年生の児童に語りかける小澤医師=横浜市青葉区の桂小で

 約2800人の最期をみとってきた医師の小澤竹俊さん(54)が24日、横浜市青葉区の市立桂小学校で「いのちの授業」をした。6年生の児童62人に「人生は平たんではない。努力してもうまくいかない時もあるが、逃げないで生きられる大人になってほしい」と語りかけた。

 小澤さんは、苦しんでいる人のために働きたいと医師を志し、救命救急センターや農村医療に従事した後、横浜甦生(こうせい)病院の内科・ホスピスに勤務してホスピス病棟長を務めた。2006年、横浜市瀬谷区にめぐみ在宅クリニックを開設。地域で在宅医療に尽力する傍ら…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです