メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

捜査似顔絵講習会

コツは「場数」 府警鑑識、若手警官に /大阪

鑑識課の高橋係員(中央)から助言を受け、目撃者役(左)聞き取った特徴を基に似顔絵を作成する警察官=大阪市中央区の府警本部で、宮本翔平撮影

 犯罪捜査で作成する似顔絵の技術を高めようと、府警鑑識課は24日、府警本部(大阪市中央区)で講習会を開いた。若手を中心に警察官28人が参加。目撃者役から顔つきを聞き取りながら容疑者役の似顔絵を描いた。

 受講者から実技審査を通過し、認定された「捜査用似顔絵技能員」が捜査で似顔絵を作成できる。技能員は2…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです