メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

相模原事件 公判で全貌を知りたい

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害され、26人が負傷した事件で、横浜地検は元職員の植松聖容疑者を殺人罪や殺人未遂罪などで起訴した。精神鑑定の結果、「自己愛性パーソナリティー障害」ではあるが、完全に刑事責任を問えると判断した。

     公判では、5カ月間にわたる捜査当局の調べや精神鑑定で判明した内容が初めて明らかにされる。事件の全貌を知り、真相を究明するためには、捜査でわかった事実が公判廷で開示されることは重要だ。

     植松被告は事件の5カ月前、「障害者総勢470名を抹殺できる」「障害者は不幸を作ることしかできない」との手紙を衆院議長公邸に提出し、精神科に措置入院となった。このため厚生労働省は措置入院や退院後のフォローについて検証した。

     また、神奈川県は植松被告の同施設での勤務の状況や施設の防犯対応について検証委員会を設置した。

     ただ、措置入院に関する状況は事件全体の一部に過ぎない。神奈川県の検証は施設の防犯体制に主な焦点が当てられており、原因究明という点ではまったく不十分だ。いずれも被告自身から事情聴取できないため、関係者の証言や状況証拠に基づいた検証にとどまっている。

     公判が注目されるのはそのためだ。植松被告は採用されたときは「明るくて意欲がある」と評価されたが、次第に障害者への暴言や虐待をするようになったという。なぜ変質していったのかは、やはり被告自身の証言がなければわからないだろう。

     被告と施設の管理者や同僚職員、障害者や保護者との関係でどのようなことがあったのかも、ほとんどわかっていない。

     神奈川県は施設や保護者の意向を受けて施設の建て替えを検討している。しかし、プライバシーが制限された中で障害者を集団処遇するのが入所施設だ。そうした職場環境が何か被告に影響を及ぼした可能性はないのか。施設管理者の職員への指導や育成に問題はなかったのか。

     そうした検証もなく、建物だけ新築しても再発防止という観点からは疑問だ。

     さらに、植松被告が大麻に依存するようになった経緯、大麻の購入や使用をめぐる交友関係を究明し、犯行動機に何か影響を与えていたかどうかの検証も必要だろう。措置入院を解除された後、事件を起こすまでの植松被告の行動や生活状況についてもほとんどわかっていない。

     実効性のある再発防止策を立て、地域社会の中で障害者が安心して暮らせるようにしなければならない。できるだけ詳細な事実が公判で開示されることを期待したい。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
    2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
    3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
    4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
    5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです