メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

食料主権が脅かされかねない=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 もっと慎重であるべきだ。農水省が今国会に提出しようとしている主要農作物種子法(種子法)を廃止する法案のことである。昨年11月に政府・与党が策定した「農業競争力強化プログラム」は、生産資材価格の引き下げを最大のテーマとしている。その中で「種子・種苗について、国は民間活力を最大限に活用した開発・供給体制を構築する」とうたっている。

 問題は体制整備のために「民間の開発意欲を阻害している主要農作物種子法を廃止するための法整備を進める…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです