連載

はたらく

正社員やパート、派遣など雇用形態のみならず、在宅ワークや地域活動を仕事にするなど働き方は多様化しています。現場での取り組みや課題を取り上げ、働き方を考えます。

連載一覧

はたらく

就活編 売り手市場でも楽観禁物

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年も短期決戦へ。昨年開かれた大規模合同説明会「リクナビ・ライブ」の様子=千葉市美浜区の幕張メッセで昨年3月1日
今年も短期決戦へ。昨年開かれた大規模合同説明会「リクナビ・ライブ」の様子=千葉市美浜区の幕張メッセで昨年3月1日

 <くらしナビ ライフスタイル>

 2018年春大学卒業予定者の就職・採用活動が3月スタートする。売り手市場が強まっているが、過密日程は昨年と変わらず、短期決戦になりそうだ。動向を探った。

 ●今年も「短期決戦」

 18年卒の採用日程は前年と変わらない。会社説明会など広報活動が3年生の3月、面接など採用活動が4年生の6月に開始となる。日程は16、17年卒と2年連続で変更になっており、前年同様は3年ぶりだ=図。

 広報活動期間が3カ月と短期化した17年卒は早くから「短期決戦」が予想されたが、実際、3月に入るとエントリー、会社説明会開催、エントリーシート(ES)受け付けなどが相次ぎ、学生は超過密スケジュールに追われた。今年は会社説明会が3月に集中する度合いがさらに高まっており、短期決戦は確実視されている。採用支援会社ディスコのキャリアリサーチ上席研究員、武井房子さんは「ESの結果通知を3月中に行う企業も半分…

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文2121文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集