メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

就活編 売り手市場でも楽観禁物

今年も短期決戦へ。昨年開かれた大規模合同説明会「リクナビ・ライブ」の様子=千葉市美浜区の幕張メッセで昨年3月1日

 <くらしナビ ライフスタイル>

 2018年春大学卒業予定者の就職・採用活動が3月スタートする。売り手市場が強まっているが、過密日程は昨年と変わらず、短期決戦になりそうだ。動向を探った。

 ●今年も「短期決戦」

 18年卒の採用日程は前年と変わらない。会社説明会など広報活動が3年生の3月、面接など採用活動が4年生の6月に開始となる。日程は16、17年卒と2年連続で変更になっており、前年同様は3年ぶりだ=図。

 広報活動期間が3カ月と短期化した17年卒は早くから「短期決戦」が予想されたが、実際、3月に入るとエントリー、会社説明会開催、エントリーシート(ES)受け付けなどが相次ぎ、学生は超過密スケジュールに追われた。今年は会社説明会が3月に集中する度合いがさらに高まっており、短期決戦は確実視されている。採用支援会社ディスコのキャリアリサーチ上席研究員、武井房子さんは「ESの結果通知を3月中に行う企業も半分…

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文2121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです