メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

「ごみ埋めた」業者証言

 森友学園の小学校用地として売却された大阪府豊中市の国有地を巡る問題で、地下のごみ処理に関わったという関西地方の土木業の男性が24日、毎日新聞の取材に応じた。建設用地には生活ごみなどが混じった土が山積みになっていたといい、男性は「敷地内に穴を掘り、その土を埋めた」と証言した。

 この証言は国会審議で取り上げられ、国側は産業廃棄物として撤去費を見積もったと明らかにした。

 男性は昨年11月、知り合いの業者に紹介され、建設現場に出入りするようになった。校舎は既に建ちつつあり、敷地南側に約2000立方メートルの土が山積みで、空になったしょうゆやマヨネーズの容器、靴、衣類などが混じっていた。発注元の業者からの指示で、周囲の地面を2~3メートル掘っては土を埋める作業を繰り返したという。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  2. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  3. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  4. 新型コロナ 坂東玉三郎さん、濃厚接触者で休演

  5. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです