メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

救援陣、万全の調整

 「パン、パン」。WBCに出場する日本代表「侍ジャパン」の増井(日本ハム)のキレのある直球が捕手のミットに収まる度、乾いた音がブルペンに響く。カーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークと多くの球種を交えて投げること42球。「直球はしっかり投げられた。変化球もそれなり」と一定の手応えをつかみ、うなずいた。

 続いてブルペンには藤浪(阪神)、千賀(ソフトバンク)が登場。球の感触や変化球の曲がり具合を確認し、…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです