メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
障害者施設

実習生の日誌/6 6~7日目 夜勤で過ごす入所者との一晩 /神奈川

「距離」を縮める一歩

 6日目から7日目にかけての夜勤(午後5時~翌日午前10時)で実習は最後。一晩を過ごす知的障害者の居住区に向かう。午後9時の消灯で遅番の2人が帰り、午前7時に早勤の2人が来るまで、夜勤が1人で見守る。

 支援員室に佐野良副施設長(45)が来た。実習の感想を伝える。「理屈で障害者を知ろうにも限界がある。1週間で得た距離の縮まった感覚が大切。各施設が接する機会を提供すれば理解が広がる」と佐野副施設長。

 夜勤の主な業務は2時間ごとに行う巡回だ。当番の今原悠太さん(31)に同行し、懐中電灯を片手に一部屋…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文832文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです