メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「国民の知る権利侵害」 メディア、政権に猛反発

 米ホワイトハウスは24日、スパイサー大統領報道官の非公式会見の場から一部メディアを排除する「実力行使」に踏み込んだ。ロシアとの癒着疑惑報道などにいらつくトランプ米大統領は「匿名の情報源」を根拠にした報道を「認めるべきでない」とも発言。メディア側は「国民の知る権利が侵される」と猛反発している。

 「我々は積極的に反撃に打って出る。虚偽のストーリーは放置しない」。スパイサー氏は、報道官室で行った「ギャグル」と呼ばれるカメラ撮影なしの非公式会見の場で強調した。数時間前、トランプ氏がCNNなどを名指しし「人々の敵」と批判したことを受けた形だ。

 ホワイトハウスはこの日、「大統領が公の場で話す」ことを理由に、事前登録した記者は誰でも参加可能な定例会見を中止し、ギャグル形式に切り替えていた。スパイサー氏は参加メディアを選別、日常的にホワイトハウスを取材するCNNやニューヨーク・タイムズ紙など少なくとも10報道機関が締め出された。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです